こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
ジェフ・ベック・グループ
ジェフ・ベック・グループ
ジェフ・ベック・グループ (2006/01/18)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る

ええ~っと。
僕のブログはFC2というところを使用しているのだけど、
新しいサービスでamazonの商品紹介が簡単にできるようになったらしい。
ををを!これは便利!
つーことで、テストも兼ねてちょっと紹介してみよう。


赤パン以外にも「孤高の天才」は存在する。
Jeff Beckというギタリストもそんな人です。
・・・って、ギターをやらない僕は彼の魅力の1%も分かっていないのだろうけど。

この後に出る「BROW BY BROW」等のギター・インストが有名なのですが、
本アルバムはいわゆる「第2期ジェフ・ベック・グループ」と言われておりまして
ソウルやR&Bにアプローチしております。

学生の頃、テープにダビングしてもらって、一時期聴き狂ってた覚えがあります。
「リマスターされたらCDで買おう」と思い、引越しの際にテープは捨てたんですが、
最近やっとリマスター盤が発売されたのを期に購入しました。

5年以上ぶりに聴いた印象。
思ったよりR&B臭さはなくて、ギターが前面に出ているんだなあと思いました。
バンドとしての一体感みたいなのは昔から感じてはいたんですが、
その中でもしっかりギターが主張していて、ちょっと新鮮でした。
今考えると、当時ロックばっか聴いていた僕にとって
R&Bなどの黒人音楽への架け橋となったアルバムだったんじゃないかなあ。

基本的に捨て曲はないんですけど、
中でもやっぱ5、9曲目のインストナンバーがやっぱり好きです。
ギターが泣いてるよ~。


[読み終わったらクリックしてね~↓]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
ジェフ・ベック、いいですね~。
ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンのふたりと3大ギタリストなんて呼ばれていますが、その中でもジェフ・ベックのギターが一番攻撃的で、ワガママで(笑)ロックな感じですよねー。
恐らく性格でしょうね。
しかし、ギターは唄いまくりなのに、歌を唄うといまいちなのが又よかったりします・・(笑)
2006/05/24(水) 01:46 | URL | mintslife #CVtSlW3I[ 編集]
遅くなりましたが・・・
こんにちは、takaです。
青春バトンまわしておきましたよぉ!!
すっかり遅くなってしまってすんません。

では、では。
2006/05/25(木) 00:33 | URL | taka #-[ 編集]
To:mintslife様
ジェフ・ベックが歌っていると言えば、「Beck,Bogert&Appice」の1曲目位しか知らないのですが・・・。
ちょっと酷いっすよねw?
「ヘタウマ」を超えて、単純に「ヘタ」ですよ、ありゃあw。
2006/05/25(木) 00:43 | URL | こやまん #-[ 編集]
To:taka様
バトンお疲れっす!
ありがとうでした~!
2006/05/25(木) 00:44 | URL | こやまん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/85-a08f1678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック