こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。


今聞いている音楽や好きなアルバムを紹介したり、
その音楽に関するエピソードなどを書いていきます。

つーことで、第1回目は老舗プログレバンドPink Floydの「Atom Heart Mother」です。
いきなりこんな超名盤を紹介しちゃって大丈夫か、俺。



日本語タイトルの「原子心母」と牛が1匹ド~ンと居座るジャケットが秀逸な本作ですが、やっぱ聴き所は1曲目のタイトル曲。
ホーンセクションを大胆に取り入れた20分強にもおよぶ組曲風のインストなんですが、なんと言っていいんでしょう。音のエネルギーにただただ圧倒されます。
この曲を聴くと、僕は溢れんばかりの火山のマグマであったり、底知れぬ太陽のエネルギーであったり、はたまた荒れ狂う大波であったり。
なんつーか、母なる大自然のパワーみたいなのを感じてしまうんですね。で、聞き終わると心地よい疲労感に襲われます。
このアルバムの存在を始めて知ったとき、「なぜジャケットが牛?」っておもったけど、今では何となく「ああ、牛しかねえよな。牛しか考えられねえよ」って思えてしまいます。何でだろ?牛もある意味身近な大自然ってことか?よく分かんねえや。

たいてい1曲目を聞き終えてグッタリするんで、2曲目以降ってあまり聞いてないんですけど、5曲目の「ALan's Psychedelic Breakfast」なんかはとても面白い曲です。朝食の風景をSEに展開されるんですが(フライパンで何か焼いてる音とか)、単純にうまく出来てんな~って感心してしまいます。

Pink Floydっつーか、プログレって何か小難しくて分かりづらいというイメージがあったんですが、このアルバムは割と分かり易いんじゃないでしょうか。難解な曲はあるんだけど、でも一聴で心にスッと引っかかってくる・・・そんな優しさもあるとてもバランスの良いアルバムだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/7-c33b2743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック