こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にちゃんと日記あげます。

今日は夫婦揃って会社が休みだったので映画「あしたのジョー」を観に行きました。
前売りを買っていたのだけど妻が全然食いつかなかったので後回しにしちゃってました。
やっぱ原作(マンガ)も一時期所有してたし(売っちゃったけど)、
アニメ版の映画も大好きなので実写版も押さえておきたい訳です。

結果から言うと結構良く出来てました。
某格闘技系ケータイサイトでボロカス書かれてたのでハードルは下がっていたとは言え。
やっぱ原作好きな人はいくらでも重箱の隅はつつけると思う訳ですけど、キリがないでしょうし。

力石役の伊勢谷友介という人は初めて知ったのですが、すごく良かったです。
ほんとカッコ良かった。ジョーとの試合前の計量のシーンは凄かったです。
ちょっとこれは見もの。
色気のあるいい役者さんですね。彼を観るだけで銭を払う価値はありました。

ジョー役の山Pは予想以上に良かったです。
違和感がほとんどなかった。
白木のお嬢さん役の香里奈は「絶対違う!」と思ってたけど、こちらも悪くなかったです。
高慢ちきな感じがよく出てたと言うか。ちょっとスカート短すぎたかなあ。
白木のお嬢様はロングスカートが似合います。
この点に関しては製作陣は全くわかってません。全然ダメです。

ストーリーについては、かなり速い展開でグイグイ話が進みます。
まあ2時間そこそこにまとめるならしゃあないでしょうねえ。
よくまとまってる方なのかな。バタバタ感は隠せません。

白木のお嬢さんの出生の秘密とドヤ街再開発のくだりは絶対要らなかったです。
あと、今回の映画は原作のおおよそ半分のエピソードをまとめている感じなのですが、
どこで線を引くのかってのも気になるところでした。
アニメ映画版と同様、力石戦まででバシッと終わらせれば良かったかなって思います。
今回のようにその後のシーンを描くのであれば、もっと丁寧に作って欲しかったかな。
(ウルフ金串との再会や力石への”別れ”のシーンとか)
やや間延びしちゃったな~って感じです。無理やりハッピーエンドに持ってったなあ、と。

あと、倍賞美津子は何のために出てきたのでしょうかw。
原作にはない役どころで、何かあり気な雰囲気で登場するんだけど
ほんと何もしないまま終わってしまいましたw。

文句も書きましたけど、面白かったですよ、全体的には。
また早いうちにテレビでやっちゃうんでしょうけど、
そのときでもいいから観て欲しい感じです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
映画同好会(名前検討中 アニメ同好会(名前検討中
名作漫画 実写化 未来に残したい。作品だと思います。僕も 見に行って 応援したいです。
2011/03/20(日) 14:59 | URL | 赤井さーん&村石太マン #XRQvK.lg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/473-425fc809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。