こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 完全版 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 完全版
ロバート・デ・ニーロ (2003/07/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

昨日、BSでやってましたね。
ギャングものって結構ツボで、これも非常に大好きな映画です。
生涯ベスト10には入ってくるかなあ。

ユダヤ系ギャングの少年期から晩年までの歴史を描いた大河ドラマで。
ギャングのメンバーであるマックス(ジェームズ・ウッズ)の
狂気に満ちた演技が印象的。
ヌードルス(ロバート・デ・ニーロ)とデボラ(エリザベス・マクガバン)の
切なすぎる恋やヌードルスとマックスの友情と裏切りのドラマ、
もちろんお約束のバイオレンスシーンなど見所も多い。
時間軸をバラバラにして、
過去と現在の話を上手くリンクさせる構成も見事です。
音楽も非常に良いです。
絶対おすすめ。


[読み終わったらクリックしてね~↓]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
セルジオ・レオーネの遺作ですね。
ノスタルジーとヴァイオレンスが絶妙に同居した傑作。
美少女ジェニファー・コネリーのデビュー作としても印象深い作品です。
2006/09/21(木) 11:13 | URL | Yama #-[ 編集]
こんばんは
私も大好きですよ。この映画。
特にヌードルスが覗き穴からデボラを見つめるシーン。
アマポーラの曲に合わせて踊る可憐なデボラ。
もう最高です。
2006/09/21(木) 23:47 | URL | mintslife #CVtSlW3I[ 編集]
こんばんは
To:yama様
ジュニファー・コネリーが可愛いですよね。
子供なのに妙に女っぽさが出てて、すげえなって思います。
その後デボラとの恋に破れてしまったヌードルスの
やるせない気持ちが”暴走”してしまうシーンも印象的です。
2006/09/22(金) 00:15 | URL | こやまん #-[ 編集]
こんばんは2
To:mintslife様
少年期のエピソードで印象深いのが。
ケーキを買って近所のヤリ●ンに
やらせてもらおうとするパッツイー(だったかな)が
待ちきれずにケーキをつまみ食いしてしまうシーン。
何か切ないんですよねえ~・・・。
2006/09/22(金) 00:19 | URL | こやまん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/174-1c4db295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。