こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
「ジュンの我流日記」様、リンク追加しました。
読みごたえのあるブログです。
スポーツ、格闘技好きの方には楽しめるかと思います。
是非、覗いてみて下さいね。

さて。
善は急げって訳で(?)elpの大好きなアルバムについて
早速語ってみましょう。


elpは70年代に活躍したプログレバンドなんですが、
僕の中ではプログレと言うよりは、
ハードロックだと思っております。
通常のハードロックと異なる点は、ギターがないことです。
ギターの代わりに、けたたましいキーボードが独特の世界観を作っておりますが、これが彼らのアイデンティティとも言えます。
(一部アコギは使っておりますけど)
それにしても、彼らの音楽は非常に分かり易い。(勿論、良い意味で)
圧倒的な演奏力、ダイナミックな曲構成で僕の心を鷲掴みにします。

彼らは「Tarkus」「展覧会の絵」「Brain Salad Surgery」など
多くの名盤を残していますが、あまり名盤として挙げられない「Trilogy」を紹介します。
このアルバムを選んだ理由・・・それは単にこのアルバムが一番好きだからです。


elpの代名詞と言えば「Tarkus」「Karn Evil 9」に代表される長編の組曲です。
が。
このアルバムはあまり長い曲は入っていません。
強いて言えば1~3曲目が組曲と言えなくもありませんが、
それぞれ一曲としてのクオリティも非常に高いです。
そう。
このアルバムは非常に曲が粒ぞろいなのです。
捨て曲がなく、バラエティに富んだ佳曲がギッシリ詰まっています。
何か非常にお買い得な気になります。「元取ったなあ」みたいな。
中でもオススメは「The Endless Enigma Part1」です。
この曲、僕のツボです。
なんつーか、無限に広がっていく音空間・・・みたいな。
この曲展開好きです。
他は「Howdown」の圧倒的なテクニックはelpの真骨頂でしょう。


やってることはジャズっぽいとも言えるんですが、変に難しくないelpです。
アルバム単位で楽しめるのは本作「Trilogy」で間違いありません。
初めてのelpとしても十分オススメできる傑作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/17-e7bc22af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック