こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
カッコーの巣の上で カッコーの巣の上で
ジャック・ニコルソン (2006/02/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

久々に映画の話題。
出かけたくなったので、家でDVD鑑賞。
本作「カッコーの巣の上で」には個人的に2つの思い出があります。


1つはこの映画を初めて観たときのこと。
大学1年の一般教養の「心理学」の授業で観たんです。
本編2時間強のこの映画に対して、授業の時間は90分。
案の定、映画の途中で授業の終了時間が来ました。
「じゃあ、映画の続きは次回の授業で」・・・となると思ったんですけど。
先生が「映画の続きは次回の授業でやりません」と前置きをした上で
いきなり、その後の展開をベラベラ喋り出したんです・・・!
おいおい、ネタ振りが映画本編で、オチがお前の口からかよ!!
で、結局しばらく経ってから、授業で続きを見る機会があったんですけどね。
全然ダメよ。
時間もかなり空いちゃってた筈だし。


2つ目の思い出。
妻と付き合い始めて割と早い時期だったと思うんですが。
二人でCDショップのDVDコーナーで物色をしていたんです。
そこで「2枚で●●●●円」みたいなのをやっていたんです。
「じゃあ、好きなのを1枚ずつ買おう!」みたいなことになって。
妻が手に取ったのが本作でした・・・。
「この女、只者じゃないな」って思いましたねw。
いやいや。
サクッとベタな恋愛モノでも選ぶと予想してたもんでね。
それを、この骨太で硬派な男臭い映画を選ぶだなんて。
正直ビビって、たじろいじゃいました。


・・・で、今日観たDVDもその時に買ったやつなんですけどねw。
まあ、実際は初めて観る映画ではないんですけど、
ちゃんと通しで観たのは、恐らく初めてです。
で、やっぱり面白かったです。

小さな精神病院でのお話ですけど、
まんま現実社会の縮図と置き換えて見る事だってできるし。
僕らなんかも、所詮あの病院の患者と
何も変わらないのかも知れないなあって思いました。

あとは、役者さんが皆うまい。
「本物?」って思っちゃいます、上手すぎて。


[読み終わったらクリックしてね~↓]

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうも~。
 その先生・・・。どうせなら、映画をところどころ早送りしながら先生が話のスジを説明して90分に縮めれば良いのに・・・。ラストシーンは映画で見たいですよねw 先生も、「オチは譲らん!」と意気込んで教室に入ったかもですね。

 演技がウマイっていうのは僕もすごく感じました。あれだけ全員がウマイってのも珍しい。なんていうか、映画っていうより、現実にこの目で見ている感じ・・・?
2006/07/24(月) 17:52 | URL | 明日は明日の風が吹く。 #pXPZdOCQ[ 編集]
こんばんは
To:明日は明日の風が吹く。様
ふむふむ・・・。
90分で収める方法って色々あるわな、確かに。
もう少し考えて頂きたかったです・・・。
せっかくの名作が台無しですから、ほんとに。
2006/07/24(月) 23:35 | URL | こやまん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/133-3b1fb577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Cast.? Jack Nicholson?Rating? ? 1963年9月  一人の男がオレゴン州立精神病院に連れられてきた。  男の名はマクマーフィ、刑務所での強制労働を逃れるために狂人を装い、この病院に移送されてきたのだった。  院長に怪しまれながらも、なんなく患者
2006/10/11(水) 09:26:23 | 拙者、小さなレンタルビデオ店アルバイトであるゆえ…