こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
最近楽しいことがないなあ。
書くことがないときは、趣味について書くに限る。
つーことで、CDでもオススメしときましょうかね。

今日はBoz Scaggsの超名盤「Silk Degrees」です。
右の「こやまんのオススメ」にも貼り付けてますけど。

シルク・ディグリーズ シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス (2004/12/22)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る


初めて聴いたのは高校生のとき。
TOTOが好きで、メンバーがレコーディングに参加したから
どんなんだろ?と思って買ってみました。
(つーか、本盤の参加メンバーが、その後TOTOを結成したんだそうな)

正直、Bozのボーカルが好きじゃなくてねぇ~・・・。
あのネチっこい、粘りつくような声が嫌でした。
曲もTOTOを想像してたから、僕の中では食いつきも悪くて。
勿論、有名な"We're All Alone"は良かったけど、
これでボーカルが違ってれば最強なのに、と思ったものでした。
で、程なく中古屋に売り飛ばすことに・・・。

で。
なぜか最近急にまた聴いてみたくなったんですね。
リマスターされて音も良くなってるっぽいし、
また印象が変わるかなあ~と思いまして。
で。
先日、買ってみたと。

見事に印象が変わってましたね。
高校の時からは音楽の嗜好も変わってきたし。
結論を言うと、これはいいです。

軽快なロックからファンキーな曲、そして勿論Bozの代名詞である
バラードまで非常にバラエティ豊かな楽曲の数々。
Bozって色んなタイプの曲が書けて、結構器用なのね・・・。
で。
それらを、上品なアレンジと確かな演奏力で聴かせてくれます。
(まあ、楽器のことはよく分からんけどさ)
中でも、故Jeff Pocaroのドラムが存在感があるなあって
個人的には思いました。

問題の(?)Bozのボーカルですが、
ある程度免疫も出来ていたようで今回はそんなに嫌ではなかったです。
まあ、これも「味」として受け入れられるようになりました。
僕も大人になりましたってことで。

そうそう。
まさに大人向けの音楽なんでしょうね。
AORって言葉はこのアルバムから生まれた・・・なんて噂もありますし。
高校生の鼻タレ小僧だった僕には、
その魅力が分からんかったってことですね。
とりあえず、オススメです。


[読み終わったらクリックしてね~↓]

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/111-cf4f7e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック