こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
ええ~っと。
「今日の本」というカテゴリを作ってしまいました。
あまり本を読まないのに大丈夫か、おい。

つーことで、1発目はこの本!
劇団ひとりの処女作「陰日向に咲く」です。

陰日向に咲く 陰日向に咲く
劇団ひとり (2006/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


妻が図書館で借りてきていたので、読んでみました。
やたらと評判が良いので、前から気にはなっていたんですけどね。

今日の夕方から読み始め、晩飯食ってから続きを読んで。
で、さっき読み終わりました。
正味3~4時間程度でしょうか。
非常に読み易くて、小説が苦手な僕でもスラスラ読めてしまいます。
変に作家先生ではないから、語り口が柔らかいと言うか、
まあ、登場人物目線で物語が進むので、結構入りやすいです。

結論を言うと、面白かったです。
ただ、僕はあまり小説を読まないので、
小説を熟読している人の評価はどうなのかなあ?って思います。
その辺の評価も知りたいです。

内容はネタバレになるので書きませんけど。
話の展開が映画●●●・●●●●●●(超有名なアクション映画)のようで
結構凝った作りになっています。
ラストのオチは途中で気づいてしまったのですが、まあご愛嬌。
だからつまんないってことではなく、
「ああ。やっぱりそういう事ね。よかったよかった」と僕は思いました。

劇団ひとりのことはあまり知らないんですよね。
NHKの朝ドラマに出てたり、噂通りの多才な人なのでしょう。
今度DVDでも借りて、ちゃんとネタを見ようかな、と思いました。


[読み終わったらクリックしてね~↓]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koyaman.blog51.fc2.com/tb.php/103-edb0e32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック