こやまんです。 今日の出来事、今思っていること、趣味についてなど、 ダラダラと書いていきたいと思います。 よろしくお付き合い下さい。
K-1 GPの開幕戦がありました。
スカパで録画&追っかけ再生で観戦しました。

16人から8人に絞るんですけど、
全体的にまだまだ実力差みたいなのがあって
KO決着が多かったように思います。
テンポは良いけど、あまり見応えは無かったかなあ~と思いました。

グラウベvsディ・ファウストは判定だったけど良かったです。
グラウベが序盤にアゴを打ち抜く膝蹴りでダウンを奪ったときは
”さすが!”と思ったもんですけど。
そこからのディ・ファウストの粘りが凄かったです。
無尽蔵とも思えるスタミナでグラウベをパンチで追い詰めてましたね。
最後の方なんかグラウベが結構フラフラで危なかったと思いましたけど。
こんな見応えのある3ラウンドでしたけど、
地上波ではちゃんと放送してたんでしょうか・・・w。

藤本は酷いなあ~。
あと、マイティ・モーが取られたダウンは
ローブローだったと思ったけどどおなの?

まあ、そんなとこでしょうか。
残ったメンバーは新旧の実力者って感じで
面白いトーナメントになりそうですね。
明日の組み合わせ抽選にもよるけど本命はシュルトで固いでしょう。
こうなったら一回戦(準々決勝)でシュルトvsアーツが見たいです。


P.S.日ハムV2おめでとう~!!



スポンサーサイト
久々の更新。
ブログを更新しない生活に慣れてしまいました。
いかんいかん。

今日「すべらない話11」やってたのね。
知らなかった~。
気付いたときは30分終わってました。
泣きそ~。
そんな中でも矢野兵藤の兵藤のクジの話は良かったです。
それにしてもショック・・・。
この前CSでやってたジュニア千原、大輔宮川のすべらない話は
ちゃんと見たんだけどね。
ああ、しくじった。



早くも上がってたアントキの猪木の最新ネタ。
全体的に力が入り過ぎているようですw。
クオリティは保証しますんで是非どおぞ。




神様もなかなか酷なことをなさるようだ。
試練だと思ってとりあえず前に進むしかあるまい。
それにしてもキツいって。



家の近所のコンサートホールでUAのコンサートがあったので
観てきました。
客層は女性が8割くらいでした。そりゃそーか。

UAさんは10年くらい前聴いてたんですけど、
ここ最近は全然追っかけてませんでした。
6月に出たアルバムを慌てて買って、
ベスト盤と共に予習しつつ挑んだわけです。

知らない曲も数曲ありましたけど、
新アルバムと懐かしめの曲がメインだったので
あまり問題はなかったですね。
それにしても楽しかったです。
僕の主観ですけど、この人って歌が上手いっつーよりは
声が何か野生動物のそれを連想させるんですよね。
声に生命力があるっつーのかしら。
何か好きなんですよね。

キャパが800人程度の小さめなホールだったため
UAさんも結構近くで見れました。
キュートなおねいさんって感じでした。

最後に最新アルバムをオススメしときます。
良いです。
今年買ったアルバムで一番良いかも。
(・・・ってそんなにアルバム買ってないけど)

Golden green Golden green
UA (2007/06/20)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る




今更ですが「脳内メーカー」をやってみました。

まずは本名から。

脳内本名

すげえ。
「金」と「食」がほとんどだな。
どうやら欲望の塊のようです、僕は。
でも当たってます。
中途半端に配置されてる「嘘」ってのが気になるけど
何か分かるわあ~。

ついでに、ここでの名前「こやまん」では。

脳内こやまん


「愛」に囲まれてますねw。
これからも皆さんに「愛」を届けるブログを目指して頑張りますw。
色んなものに囲まれてますが、根っこが「変」だそうです。
ちょっと嬉しいと思う僕はやっぱり「変」なのでしょう。



花粉症が遅れてやってきました。

いつもならば、お盆・・・正確には8月15日夜に必ず症状が出るのだけど
今年は全然だったのよね。
花粉症の到来と共に去り行く夏を感じていたのですが
今年は夏が長かったということでしょうか。
(今年は逆に短かったような気もするんですけどね)

で。
週末辺りから鼻がじゅるじゅる言ってますわ。
クシャミも出るし。
目も痒くなってきました。
もう本格派です。

妻が毎朝カスピ海ヨーグルトとやらを作ってくれています。
免疫力が上がるとか言う噂です。
どーやって作ってんのかは知らないけど、
酸味のある牛乳って感じです。
ゆるいんです。
液状です。
妻の手作りジャムを加えて食います。
美味いけど、花粉症には効果はあまりないみたいw。
まあ、ヨーグルト食ってるからこの程度で済んでると思うことにしました。




来週、黒澤明監督の「天国と地獄」「生きる」のリメイクが
テレビドラマでやるらしいです。
たぶん見るんだろうけど、
「生きる」のオリジナル(映画)は見てなかったもので
慌ててDVDを借りてきた次第です。
ずっと見たい映画だったんですけどね。

いわゆる名作と呼ばれる映画ですけど面白かったですね。
すごく浅い感想で申し訳ないんだけど、やっぱり志村喬がスゴイです。
鬼気迫る演技と言うのは、ああいうのを言うんでしょうね。
圧倒的な存在感でした。
死期が迫っているガン患者と言う役どころなんだけど
映画の中でもすごい勢いで痩せていってました。
すげえです。
デ・ニーロもビックリです。

50年くらい前の映画ですけど、いわゆる風俗とか夜の街みたいなのって
当時からあったんだなあ~ってのがビックリしました。
「天国と地獄」でも同じような夜の繁華街みたいなシーンはありましたけど、
へえ~ってな感じ。
音楽なんかもちょっとグルーヴィーてイカしてるんですよねえ。
あまり、映画本編とは関係ない話ですけどw。

劇中にどーしよーもない市役所の面々が出てきますが。
僕はあっち側の人間なので、見てて反省しきりでした。
胸が痛てえよw。

テレビドラマでは志村喬の役を松本幸四郎がやるんですけど。
どーだろ。
ちょっとカッコ良過ぎないかい?
死に行く者の悲哀みたいなのが出るのかなあってちょっと不安。